2014年10月の記事一覧

ナイチンゲールってさ

ナイチンゲールっていうと、白衣の天使。
最高に優しい人柄の看護師ってイメージ強すぎるけどさ
あれは夢を抱きすぎだよね。

実際のフローレンス・ナイチンゲールはかなり気難しい人だったみたい。
彼女の凄いところは優しいところじゃないんだよね。
統計学に基づいて徹底的に衛生管理をしたところとか
親が大富豪だったことを上手に活用した政治力でしょ。
まさに女傑だと思います。

日本でのイメージだと伝記とかでも可憐な乙女な姿に書かれるから
ちょっと勘違いされやすいけど
実際の写真を見ると凄い怖そうな顔をしてびっくりします。

やっぱり、あの時代、看護師の地位が著しく低かったところで
改革をするっていうんだから、優しいだけの女性にはできないことなんでしょうね。
実際の看護師もそうですよね。
過酷な職場だからこそ、優しいだけの人にはできない職業だと思います

大変な仕事だね

医療現場で働いている人たちというのは大変だなぁと
病院に行ったり、医療関連のニュースやドラマを見るといつも思ってしまいます。
いつ呼び出されるかもしれないという勤務体系に加えて、
看護師さんなどはシフト勤務が当たり前の業界です。

常に病人やけが人と接し続けることになりますし、
人と接する仕事=人間関係のトラブルが多くなるのは間違いないですよね。
そういう意味でも医療関係従事者というのは激務だなぁと思います。

しかも私たちは病気になったら当たり前のように病院にいきますけど、
この人たちがいなかったらと考えたらぞっとしますよね。
ある意味、社会的な人的インフラといってもいいような気がします。
待遇改善などが今よりももっと進むべきですよね。

このページの上部へ