海外旅行した時、あって欲しくはないですが病気になってしまうこともあります。
怪我をしたり風邪を引いてしまうということはありえますよね。
そんな時、払うべき医療費はどうなるのかが心配ではないでしょうか。
日本国内であれば健康保険証を提示することで3割負担など、
年齢に応じた負担をすれば検査や治療を受けることができます。
しかし、海外旅行となると健康保険証は使えなくなりますので、
全額負担することになります。

では全額負担したらそのお金は取り戻すことができないのか?となれば
それは違っていて日本に帰国してから市町村に申請することで還付される制度があります。

ここで注意しなければならないのは、支払った際の領収書などの書類が
必要になることと、還付される医療費は日本で治療を受けた際に発生する
医療費と本来負担すべき利用費の差額分だけということです。
なおかつ、支払は還付時点の為替で行われることも意識しましょう。

つまり、海外で10万円の治療費がかかったとしても
同じ治療を日本国内で行った場合に7万しかかからないと判断された場合は
7万に対し本来払うべき医療費(3割だと2万1千円)を控除した残りの
4万9千円分を為替換算して支払われることになります。
もし、海外旅行で病院にかかる必要があるときはその時発行される書類はなくさないようにしましょう。
そして帰国後、なるべく早く申請を行うようにしましょう。