男性看護師が近年増えてきています。
かつては女性の仕事という認識が多かった看護師ですが
力仕事なども多いため、男性看護師の需要も増えてきています。

男性の看護師も女性の看護師も、基本的な業務に大きな差はありません。
しかし、何もかも一緒というわけにはいかないようです。
寝たきりの患者さんの移動の手伝いや医療器材などを運ぶなど
力仕事では大変重宝される男性看護師ですが
入浴やトイレの介助、着替えの介助、清拭などでは
女性の患者さんから拒否されることが多々あります。
こればかりは本人の努力でどうにかできることではないので
女性看護師の力を借りるしかないでしょう。

特に男性看護師が多く採用されるのが精神科です。
突然暴れだす患者さんなどもいるため、力の強い男性看護師が重宝されたのです。
手術室や救急など体力のいる仕事でも男性看護師は重宝されます。

問題になるのは、男性看護師の心の問題です。
やはり女性が中心になりがちな職場の中で
人間関係を築き、仕事を覚えていく必要がありますから
普通のサラリーマンなどとはまた違ったスキルが求められるところがあります。
女性に囲まれてもやっていける男性でなければ続けていくのは難しいでしょう。