日本でガン治療を行う場合、手術で原発部位を取り除いたり
放射線治療でガンを小さくしたり、抗ガン剤を使う方法をとります。
一般的にはこれらの方法を複合して行うのがガン治療ですが、
例えば消火器にガンが出来た場合は手術でガンを取り除くことで
転移していなければ治療は比較的スムーズになると言われています。
しかし、ガンのステージによってはそれも難しくなります。

そして手術や放射線、抗ガン剤で治療することで、
食欲が減退してしまい体重が激減することも良くある話です。
加えて抗ガン剤によって様々な副作用を併発してしまうことで、
治療をしているのに苦しんでしまうという矛盾に陥ります。

このことがガン治療における最大の問題点であり課題でもあります。
治療をしなければ、ガンを自然治癒力で消滅させることが出来たかもしれない
と考える人もいるのは確かです。
全てにそれが当てはまるわけではないですが、健康診断で見つけたことで
想像できないような苦しい治療と向き合うことになる。
この現状がガン治療の是非を問う議論に繋がっているのだと思います。

オカルト的な部分も含んでいるので一概には断言できませんが、
放射線にしろ抗ガン剤にしても体に負担がかかるのは間違いありませんから
人によってはそういった治療を受け付けない人もいるようです。
しかも、医者にガンになった場合、抗ガン剤治療を受けるかと
アンケートを取ったところかなりの割合で拒否すると回答した結果もあります。
患者には行うけど、自分なら受けたくないと考える人がいるのが現実です。