看護師は男性が増えつつあるものの、大半の看護師は女性です。
99%以上は女性といってもいいのではないでしょうか。
そんな中で、男性が勝手に抱いている看護師のイメージとして、
「看護師=母性がありそう」ってのがあります。

これは本当なのか、単なる男性の妄想に過ぎないのでしょうか。
事実は「看護師≠母性がありそう」が正しいです。
男性は看護師というとどうしても優しいイメージで身の回りの世話をしてくれる
だから母性を感じるという考えになるようですが、実際は看護師の仕事は
激務で全ての患者に対して処置に必要な事はしますが、身の回りの世話はしてくれませんし、
体力が必要な職業なので母性を感じさせるようなしぐさは殆どしません。

男性患者にとって女性の看護師というのは一服の清涼剤のような感覚になるようですが、
看護師も年齢層は様々ですからあまりハードルを上げるとギャップをうけます。
看護師よりは保育士のほうが子供を相手にしている分だけ母性を感じるかもしれません。

看護師の中には母性を感じさせるような人もいるとは思いますが、
女性看護師全体のイメージとしては「看護師≠母性がありそう」が正しいでしょう。
母性を感じさせるような看護師でありたいと願っている人は多いと思いますが、
現実問題そう簡単にはいかないと言うことです。
逆にいうと母性を感じさせる必要は無いとも言えます、なぜならば看護師は男性も女性もいますし
患者は男性だけではなく女性もいるからです。