自分の妻や夫が看護師だったら、ちょっとした病気になっても心強くないでしょうか。
医師ではなくても、看護師であればバイタルの見方や熱が出ている時の
対処なども素人より断然優れているのは間違いないでしょう。

病院に行くべきかどうかも、看護師であれば迅速に判断できるでしょうし
インフルエンザなどで寝込んでいる場合の感染予防対策もばっちりできると思います。
看護師でなければ出来ないわけでもないですが、看護師だったとすれば心強いものです。
素人だと気が付かないちょっとした変化も見落とさないでしょう。

ただ、看護師である妻や夫からすれば仕事じゃないのに~と思うことはあるでしょうか?
患者への対応と家族への対応となれば、根本的な感情が違ってくると思うので、
仕事じゃないのにと言いながらも、仕事以上にちゃんとやってくれそうです。
というか、そうであってほしいですね。

問題はちょっとしたことでもアレコレと言われる可能性があることです。
健康診断で再検査項目が出たりすれば、それはもう色々言われるでしょう。
それをウルサイと感じるか、ありがたいと感じるかは人それぞれですが、
看護師ならではの視点で見てもらえるというのは、どちらにしてもありがたいですね。
注意すべきは看護師である妻や夫が言ってるんだから絶対だ!と思わないことです。
大丈夫と言われても、実際にしんどいのは自分自身です。
主観と自覚症状は病気を診断する上で最も重要なポイントになりますので、
変に我慢したりは避けましょう。