一般的に看護師として一人前の働きができるようになるには3年かかるとされています。
新人扱いも3年までで、3年目には今度は自分が新人の指導役になることも多いでしょう。
新人を教えるためには、病院の業務を一通りできるようになっていることができなければいけませんから
3年が一人前の看護師になるための目安の一つとも言えるでしょう。
だいたい3年目を目途に、日勤リーダーを任されたりすることも出てきます。
リーダーになると改めて自分の看護師の能力を痛感することも多いでしょう。

一般的な話から少し離れると、一人前の看護師に必要なのは判断力ということもできるでしょう。
患者さんのため、業務のため、的確な判断をすみやかに下すことができるか。
また判断を間違えた時(間違えることは、多かれ少なかれ誰にでもあります)に、
どう自分で対処して責任を取れるのか?ということです。
やはりこれも3年くらいは必要になると思います。
最初は自分の業務をこなすだけで精いっぱい。
それが少しずつ慣れてくると自分だけではなく他の人の動き、業務の流れというのも
見えるようになってきます。

ですから、3年間はつらい、しんどい職場でも耐える必要があると思います。
仕事には辛いことも悲しいことも苦しいこともあるでしょう。
しかし3年経たずに転職を繰り返してしまうと、いつまでも一人前になることができません。
勿論あまりにひどい職場なら早めに...というのも分かりますが
まずは一人前の看護師を目指すのが良いでしょう。