看護師はただ働いているだけではキャリアアップは難しいです。
看護師におけるキャリアアップとはより高度な専門知識を身に着けて、
看護に役立てていくことに他なりません。

高度な専門知識というと資格を取得するようなイメージがあるでしょうが、
看護師の場合は必ずしもそうではありません。
まず、大事なのは医療が日進月歩で進歩していくことです。
その医療の技術に関して常に学び続ける必要があります。

キャリアアップの道筋としては5段階に分けられます。
1.新人教育
看護学校を卒業して配属されてから1年目の看護師が対象になります。
病院により内容は異なりますが、看護師としての基礎を学びます。

2.ジェネラリスト教育
様々な分野における広範囲な知識、技術を身に着けるための教育です。
病院には診療科がたくさんありますので、それらをローテーションする
方法もジェネラリスト教育の一環となります。

3.スペシャリスト教育
ジェネラリストに対しスペシャリストは専門性の高い技術や知識を
身に着けるための教育です。
特定の診療科で経験を積んで知識を深める人もいれば、認定看護師、
専門看護師という資格を取得することもスペシャリスト教育です。

4.管理者教育
看護師は一人で仕事をするわけではなく、医師等を含めた組織全体で
看護体制を築いていきます。組織に必要な人材を育成したり、役割を考えて
人材を配置するような管理業務を学びます。

5.教育者、育成者教育
看護師に対して教育を行えるような、指導者としての教育を受けます。
看護学校などの教員を対象としたキャリアアップ教育となります。

このように看護師には常に現場での仕事がそのまま教育に繋がります。
キャリアアップするためには、日々の仕事の中で自分に必要な知識や
技術を習得していく必要があるのです。