年齢を理由に看護師を退職するということは、肉体的な負担に耐えられなくなることを
想定しての判断が多くを占めると考えられます。
そういった場合、看護師を退職しても無職のままではなく他の職業へ転職する人が多くいます。
では、どういった職業が転職先として選ばれているのでしょうか。

看護師で長年働いてきた人は、看護師としての世界しか知らない状態なので
まったく新しい職種で再スタートを切るのは非常に難しくなります。
仮に全く違う仕事を始めたとしても、ギャップと収入の減少に耐えられずに早期に
退職するリスクが付きまといます。

そのため、看護師を辞めても再就職先は医療関係会社の場合が多くなります。
具体的には老人ホーム、助産師、保健師、治験スタッフ、製薬会社などになります。
看護師としては肉体的に厳しいが、看護師としてのスキルや資格を活かせる仕事で
なおかつ肉体的な負担の少ない仕事を選ぶ傾向にあります。

また医療関係以外となるとエステなどの美容系、事務職などが候補に挙がります。
年齢を理由にということですから、立ち仕事などは基本的に選びません。
看護師の経験しかない人が再就職したときに壁として感じるのは、収入面です。
仕事内容が過酷なのに看護師の収入よりも大幅に下がってしまうことに、
不満を感じる人が多くいます。
看護師を退職する場合、看護師の収入が一般職に比べてかなり優遇されていることを
理解した上で再就職先を選定することが早期退職のリスクを避けることになります。