看護師は性格の悪い人が多いと言われます。

私は看護師の性格が悪いわけではないと思います。
そもそもそんなに性格の悪い人が、看護師と言う仕事を目指すと思いますか?
看護師というのは他人に奉仕する要素の多い仕事です。
他人の病気に寄り添ってお世話をしようというのですから
相当優しさにあふれる人でなければ、目指すはずがないからです。

ただ、一方で看護師はとても責任の重い仕事でもあります。
投与する薬を間違えれば患者さんに深刻なダメージを与えてしまうこともあります。
無責任に、腰掛のように出来る仕事ではないのです。

また仕事はとても過酷です。
看護師と言えばパッと思いつく仕事が、注射や点滴、血圧を測ったりすることを
想像するかもしれませんが、実際は下の世話から、入院患者の清拭など
汚れ仕事も多く、一日中マルチタスクをこなすことを求められます。

ゆとりがあればニコニコできるときでも、常に効率よく
しかしミスは許されない仕事をしていれば
どんな聖人であれ、人間である以上はイライラしてしまうでしょう。

ましてや看護師は成人ではなく一般の人間ですから
余裕がなくなればニコニコもできないのでしょう。
元々性格が悪いのではなく、ゆとりがないだけ、と言えるのではないでしょうか。

あなただって、やらなくちゃいけないことが10も20もあって
普通にやれば1日に終えられるような仕事量じゃなく
あれこれ同時進行に処理して考えなくてはいけないとき
ニコニコしていられますか?
自分に置き換えてみると分かりやすいですね。