看護師に求められていることは山のようにありますが、主に以下のようになります。
・患者を元気にすることができるコミュニケーション能力
・患者、家族の気持ちを汲み取ることができる
・病状に対する観察力
・負けない精神力
・より良い医療を提供しようとする向上心

これらが看護師に求められることですが、すべてを完璧にこなせる人はいません。
中でも患者や家族の気持ちをくみとることができたり、患者を元気にすることが
できるコミュニケーション能力などは熟練の看護師でも難しいものです。
というより、他人の気持ちを100%洞察して汲み取ることなど誰にもできないでしょう。

その前提に立ってやる気が感じられない看護師に共通するのは、惰性で働いていることです。
看護師として高い理想を持って働き出したものの、現実の厳しさに直面して
「理想と現実のギャップ」は埋まらないと諦めてしまった状態と言えます。

やる気を喪失した看護師が看護師失格かというと、そうではありません。
問題は惰性で淡々と仕事をこなせば、看護師として問題がないと思っていることです。
これら看護師にとって必要なスキルを身に着けて、向上心のある看護師になるためには
まさに経験、実績、とにかく元気にといったことが大事です。
失敗することは誰にでもありますから、失敗を恐れることなく仕事ができる環境の
病院に移動するなり、できることはそれこそ山のようにあります。

命の重さに耐えきれないという人もいるでしょう、人間関係が煩わしいという人も
そんな場合は、思い切って病院を変えるのも解決策の一つといえます。
大病院、町医者、保健所、様々なところで看護師として働くことはできます。
環境を変えることで、本来心に強く抱いていた看護師への理想が花開くこともあります。