新人看護師は患者からも出来れば外してほしいといった声や、
先輩看護師からは仕事の足かせになって教えてもなかなか上達してくれない、
といった声が出てくる存在ではあります。

しかし新人なんですから仕事に慣れていないのは仕方のないことです。
人の命を預かっているのだからという理屈はその通りなのですが、
新人看護師だけで看護をするわけではありません。
それに新人看護師だからという理由で仕事を回さないとなれば、いつまでたっても
上達することはできません。

看護師の仕事は多くが経験することで身体で覚えていくものです。
知識も必要ですが、自分の看護技術に対して自信をつけることが何より大事なのです。
自信ななければ知識はそれを裏打ちすることができません。
そのためにはやはり経験すること以外にありません。

数を熟して経験値を積むことで仕事に対して自信がついていけば、新しい仕事でも
やりがいをもって前向きに取り組んでいくことができます。
失敗することを恐れたり、仕事のスピードが遅いからという理由で経験を積めないと
いつまでたっても看護師として一人前になることができません。

このことは看護師だけに言えることではなく、ほぼすべての職種で共通することです。
机上での知識だけでは実際の業務に活かすことはできません。
実務という経験を重ねることが、何よりも重要であり必要なことなのです。
実務を疎かにしたままで経験を積むことなどできません。