看護師の仕事は本当にやることが多すぎます、多すぎて大事なことを忘れてしまうほど
やることが多いので頭がパンクしてしまうこともあります。
そんな風にならないためにも、せめて大事なことを忘れないようにしなければなりません。

ではどういう形にすれば忘れないで仕事をスムーズに進めることができるのか、
効率的に進める方法について見てみましょう。
問題は頭の中だけでやることを考えていても、作業は消化していかないので
見える化して1つ1つの重要性を明確にしていくことです。

作業を以下の3つに分類して、付箋などに書きだして行きましょう。
・今すぐすべきこと
・今はやらなくてもいいこと
・やる必要のないこと

今すぐすべきことは、必ずやらなくてはいけないことなので最重要作業となります。
今やらなくてもいいけれど、後々やる必要のあるものは後回しにできます。
やる必要がないことは、無駄な作業ということがわかるので記憶から消去します。

このようにして作業の優先度を付けて行き、順番に消化していくことで
大事なことを忘れずに効率的にこなしていくことができます。
腕に巻くタイプの付箋もありますので、忙しくて付箋を見ていられない場合などは
そういったアイテムを活用することも大事です。

兎に角、看護師の作業は秒単位、分単位で刻一刻と変わって行きますから、
それに対応できるような仕組みを自分なりに考えてみましょう。
付箋を貼る場所、仕事の分類の仕方などはやって行くうちに覚えて行くものです。