今年の夏は、デング熱が世間を騒がせていますね。約70年ぶりの国内感染ということでメディアが大きく報道しましたが、「今まで見逃していただけでは?」と思うのは私だけでしょうか?

今回の報道ではじめてデング熱というものを知ったという人は多いようですが、海外旅行しなければ そりゃぁ知識なんてありませんよね。

ウイルスを持つ蚊に刺されることで感染するようですが、突然の発熱が蚊に刺されたことだと疑う人なんて現代の日本ではまずいないでしょう。ただの夏風邪かなぁ~とか 熱中症で体調崩したかなぁ~と終わってしまうところです。

お医者様が疑ってきちんと検査しなければ感染なんて分からないわけですから、実は昨年以前にも発症者はいた というのは有り得ますよね。それに、メディアが騒いだことで 今年は医療機関をきちんと受診する発熱患者さんも多くいただろうし...。

それにしても、世の中にはまだまだ一般に知られていない病気は多そうですね。